女性ロードバイク乗りの備忘録 割れ鍋に綴じ蓋

割れ鍋に綴じ蓋、、、似た者同士のロードバイク乗りの休日の過ごし方

春の岡山国際サーキット 耐久レース

今朝の通勤途中に聴いたこの曲の歌詞が素敵。




良いことばかりじゃないからさ

痛くて泣きたい時もある

そんな時にいつも

誰よりも早く立ち上がるヒーローに会いたくて

痛いけど走った 苦しいけど走った

報われるかなんて 分からないけど

とりあえずまだ 僕は折れない


今日発売みたいです。





話はタイトルの件。


女性のロード乗りが増えたとはいえ

とくに田舎は

女性カテゴリーのある大会は少ない。


4月に岡山国際サーキットである春の7耐も

男女混合はあるけど、女性カテゴリーはなし。

なんの魅力もないので、今年はパスかな。

エントリー代金が入賞者への上納金としか思えず。(心が狭くてゴメンなさい)



それなら、1人でしまなみ海道でも

走っとこう。空いてそう( ◠‿◠ )




最近こんな拙い文章のブログを見てくださる方が増えて、とても驚きつつも感謝しております。



今日も有難うございます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。